男の人

プロペシアは副作用が無いから安心|薬で治すプラン

脱毛をくい止め発毛を促進

メディシン

プロペシアはおよそ6カ月は飲み続けなければ効果は出ません。また効果がでたからといって止めてしまうと、逆効果になってしまいます。横浜の医療機関では、効果的なAGA治療が受けられます。

もっと見る

発毛サイクルを正す治療

紳士

ハーグ治療は毛髪再生療法という意味で、乱れた発毛サイクルを改善、正常化させて自分の髪を生やす治療方法です。女性はAGA治療薬は副作用の危険性から受けれませんでした。ハーグ治療は女性も受けれる、発毛の治療です。

もっと見る

内服薬でAGA治療

頭

効果が高いといわれる薬

AGAとは男性型脱毛症のことで、男性特有の薄毛、抜け毛の症状です。男性ホルモンの影響が大きいといわれており、中高年だけでなく若い人でも悩む人が増えています。AGA専門の治療院も増えてきており、患者も増加傾向にあります。AGA治療院において、処方される内服薬がプロペシアです。プロペシアは商品名なのですが、この薬に含まれている有効成分フィナステリドが、AGA治療に効果があるとされています。また、日本では厚生労働省から認められている成分はフィナステリドだけで、効果が高いことが認識され人気があります。日本皮膚科学会においても、AGAに最も有効な成分と評価した成分で、薄毛や脱毛を促す物質を阻止する働きにより、脱毛予防や発毛効果が得られます。

継続する必要あり

プロペシアは、継続して飲むことで効果が得られるものです。臨床試験においては1年間服用した人のおよそ7割に、3年継続した人のおよそ8割の人に効果がみられています。そのような高い効果が得られるのですが、副作用も発生する可能性があることを知っておきましょう。プロペシアにおける副作用の特徴は、勃起不全や性欲減退、射精障害といったものです。ただ、この副作用の試験結果は1%程度の発症率です。副作用の症状が出た場合は、服用を一旦中止することがおすすめですが、正しい飲み方をしているかどうかをチェックしましょう。プロペシアは、継続して飲むことが必要ですが、飲み忘れて必要量以上飲んだり、1日1回だからといって服用間隔が短くなってしまっては、体に負担がかかります。たくさん飲むことで効果がアップすることはない、ということも知っておきましょう。

発毛治療を受けられる場所

医者

本格的に発毛をさせたいなら薄毛治療を受けられる皮膚科、発毛の専門クリニックを活用しましょう。進行性の薄毛は何もせず治ることはないので、検査を受けて原因を突き止める必要があります。抜け毛が減らない状態が継続しているなら、検査を受けるべきタイミングです。

もっと見る